第三の目って?どんなふうに使うの?



今回は、

第三の目について簡単にお話ししてみました。

『視る』というイメージがありますが、

そんなに限定的なものではありません。




エネルギー情報を収集し

そこから役割のある各パーツへと

情報を分散するような機関です。




松果体がケイ素化しないと

その『第三の目』は

効率よく使えないの?



実はどんなことはありません。

その発想こそ3次元的な思い込み、

刷り込みなのです。



人間は、

クリエイティブな存在なので、



『有る』と思えばそこに存在させ、



『無い』

『役に立たない』と思えば廃物にも

できるんですね。



例えば

手術でとってしまった場合、

もう、チャネリングができないの?




そんなことはないのです。

私たち人間はエネルギーが先にあり

その後に物質、肉体が宿るんですね。




そう考えると

エネルギー情報を

取集するセンターが先にあって

その後に、

松果体という小さな器官ができた

とも言えるんです。




第三の目って、

私たちの固定観念で決めつけない方が

より幅広く、

効率よく使えると思っています。



#山田和魅

#スピエンパワーメント講座

#ヒーリング

#スピエンパワーメントナビゲーター




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示